▼ 国民健康保険に関する正しい知識・大幅削減のツボを身につけてください! ▼

国民健康保険料の大幅削減ならココがオススメ!


↓↓ 詳しくはコチラをクリック!! ↓↓

今すぐできる!! 国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル






2011年08月16日

国民健康保険料の支払い方法について

国民健康保険の保険料は、基本的に毎月定められた金額を支払うこととなります。
しかしながら、仕事の関係などで支払いが難しい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方は、国民健康保険の保険料の分割納付や、徴収猶予制度を利用することをおすすめします。

結果としては、全額を支払うことにはなりますが、国民健康保険の保険料を滞納するくらいなら、分割納付や徴収猶予制度を活用すると良いでしょう。
ただし、市区町村によっては条件などを定めていり場合もありますので、以前に確認しておいてください。

ちなみに、国民健康保険の保険料を滞納し続けると、さまざまサービスを受けられなくなってしまうため、必ず支払うように心がけましょう。

また、国民健康保険の保険料を安くする手段もあります。
国民健康保険の保険料を安くする手段については、国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアルで分かりやすく解説してありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。
posted by 国民健康保険のプロ、社労士 at 01:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 国民健康保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

国民健康保険料の若年者納付猶予制度について

国民健康保険の保険料には、若年者の負担を少なくするために若年者納付猶予制度が設けられています。
若年者納付猶予制度とは、20歳代の方で所得が定められた額以下の場合、国民健康保険の保険料の納付を全額猶予してもらえる制度のことです。

近年では不況の影響で仕事に就けない若者が多くなっていますので、若年者納付猶予制度を有効に活用することをおすすめします。

ただし、若年者納付猶予制度は国民健康保険の保険料を免除する制度ではなく、猶予する制度であるということを忘れてはなりません。
一定の収入が入るようになれば、猶予分を支払っていかなければなりませんので、勘違いのないようにしてください。

また、若年者納付猶予制度を利用するには、お住まいの市区町村役場への届けが必要となっていますので、忘れずに申請しておきましょう。

国民健康保険料の若年者納付猶予制度については、国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアルで詳しく解説していますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。
posted by 国民健康保険のプロ、社労士 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国民健康保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

国民健康保険料を納めなければ年金はもらえない?

国民健康保険の保険料を免除してもらったり、減額してもらったりするということは、老後に支給される年金に影響があるのではないか、と不安を感じている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、年金を全額もらえるというわけではありませんが、全額を免除してもらった場合でも、3分の1の年金を受け取ることができます。
なぜなら、国民年金の3分の1は国が負担しているためです。

したがって、国民健康保険の保険料を事情があって納付できないという方は、年金を気にせずに、まずは減免制度や減額制度を利用するようにしましょう。
国民健康保険の保険料を長期間滞納すると、さまざまなサービスが受けられなくなってしまうこともありますので、必ず毎月納付するように心掛けてください。

また、国民健康保険の保険料を安くする方法については、国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアルで詳しく説明していますので、活用してみると良いでしょう。
posted by 国民健康保険のプロ、社労士 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 国民健康保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。