▼ 国民健康保険に関する正しい知識・大幅削減のツボを身につけてください! ▼

国民健康保険料の大幅削減ならココがオススメ!


↓↓ 詳しくはコチラをクリック!! ↓↓

今すぐできる!! 国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル






2009年09月02日

国民健康保険料の納付が免除される場合とは?

国民健康保険は加入している以上、
医療機関にかかっているかどうかに関わらず、
保険料を納付する義務があります。


ですが、場合によっては
保険料の納付が免除される場合もある
のです。


それはどういった場合でしょうか?


国民健康保険免除される基準は、
自治体ごとに異なるようです。


免除される事由となる主なものには、
地震や火災などの災害、病気、解雇や倒産などによる
失業などといった特別な事情によって、
それまでより収入が極端に減少し
国民健康保険料の納付が困難となった場合
などです。


上記のような事由によって
国民健康保険の保険料の納付が困難となった場合には、
居住地の管轄の市町村役場にその旨を申請する事によって
免除減額が認められる
場合もあります。


ですが収入が減ったとして
国民健康保険の保険料の減免の申請をしても、
即認められず自己の所有資産の状況や現状の生活の様子などを
尋ねられる場合もある
ようです。


国民健康保険の保険料の減免に関する基準については、
前に述べたように自治体ごとに基準が定められているのですが、
自治体によって減免の基準を明確にしているところと、
公に対しては大まかな基準しか述べられていないところなど
様々なようです。


ですので、もし万が一何等かの事情によって
国民健康保険の保険料の納付が困難となった場合には、
居住地の市町村の窓口に相談してみることをお勧めします。


納付が困難となった自由によって
保険料の分割での納付や納付の時期を延ばす
徴収猶予延納ともいいます)が認められる場合もあります。


posted by 国民健康保険のプロ、社労士 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国民健康保険料の納付 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。