▼ 国民健康保険に関する正しい知識・大幅削減のツボを身につけてください! ▼

国民健康保険料の大幅削減ならココがオススメ!


↓↓ 詳しくはコチラをクリック!! ↓↓

今すぐできる!! 国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル






2011年06月20日

国民健康保険で住所変更がある場合に手続き

国民健康保険料を支払っている方の住所が引越しなどで変更になる際には、役場に届出が必要となります。
健康保険証も新しい住所が記載されているものに切り替えとなりますので、覚えておきましょう。

仮に届出を行なわなかった場合、医療機関で国民健康保険が適用されないこともあるため、届出は必ず行なってください。

また、引越し先が現在お住まいの場所と近い場合でも、国民健康保険の切り替え手続きが必要です。
たとえば、マンションにお住まいの方が、同じマンションのひとつ上の階の部屋に移った場合でも、届出の手続きは必要となっていますので、頭にいれておいてください。

国民健康保険料の削減を行なう前に、このようなことについても知っておけば役に立つこともあるため、ぜひ理解しておいてください。

国民健康保険料の削減や手続きなどについては、国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアルで詳しく解説してありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。
posted by 国民健康保険のプロ、社労士 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 国民健康保険の手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

国民健康保険の加入手続き


日本は皆保険制度といって、誰もが皆、
なにかしらの保険に入っていないといけない

という決まりになっています。


国民健康保険医療保険の一つで、
各自治体によって運営されており、
加入者の保険料や国からの助成金によって成り立っています


国民健康保険の手続きは、
14日以内に行われなければなりません。


これは加入の際でもやめるときでも同じです。


例えば、あなたが他の市町村から転入してきたとき、
14日以内に役場へ届け出なければならないのです。


では、どのような時に加入の届出が必要なのでしょうか?


1.他市町村から転入してきたとき。

2.職場での健康保険をやめたとき。

3.あたらしく子供が生まれたとき。

4.外国人が国民健康保険に加入するとき。



加入の届出時に必要なものは以下の通りです。


1.健康保険の資格喪失証明

2.継続療養証明書(継続給付がある場合)

3.年金証書

4.印鑑



また、国民健康保険世帯ごとで加入するものなので、
家族が次のものを持っている場合は一緒に役場へ持ってきます。


1.職場の健康保険証

2.国民健康保険証

3.医療証

4.老人保健医療受給者証



国民健康保険加入手続き

「自分は健康だから必要ない」とか

「めんどうだから・・・」とか

感じる人もいるのではないでしょうか?


しかし、これはいざというときに
安心してお医者さんにかかれる為のものなのです。


自分が安心して暮らせるための「お守り」として
国民健康保険に加入しておくといいでしょう。


posted by 国民健康保険のプロ、社労士 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 国民健康保険の手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

国民健康保険の手続の仕方


国民健康保険の加入手続きは、
お住まいの市区町村の窓口で行っています。


手続は、被用者保険(企業などからの健康保険のこと)の
被保険者資格を失ってから14日以内にしなくてはなりません。


また手続の際には、被用者保険の資格を失った
という証明書などを持参して窓口に行く必要があります。


この手続が終わり次第、
手元に国民健康保険の被保険者証が来ることになります。


なお、退職後は自動的に健康保険の被保険者資格を失いますが、
知らずにいたり金銭的なこと等で
国民健康保険への加入手続を行わない人もいるようです。


しかし、国民健康保険への加入を怠っていると
被保険者をはじめ扶養家族全員の医療給付が全額負担となります。


国民健康保険の保険料の納付義務
たとえ加入手続を行わなくても発生します。


また、就職などで国民健康保険から脱退するときや、
住所が変わった時などにも手続きが必要です。


市区町村が変わる引っ越しの際は、
新しい市区町村での新たな手続が必要になります。


国民健康保険の保険料の支払い義務は、
他の健康保険の資格を失った日(退職日の翌日)が
国民健康保険の資格取得の日と規定されていますので、

資格取得の日の属する月から保険料を負担することになります。


したがって、被保険者が健康保険国民健康保険
二重に保険料を負担することはありません


また現在収入がなく、
国民健康保険の保険料の支払いが困難な場合は、
お住まいの市区町村に相談してください


posted by 国民健康保険のプロ、社労士 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 国民健康保険の手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。