▼ 国民健康保険に関する正しい知識・大幅削減のツボを身につけてください! ▼

国民健康保険料の大幅削減ならココがオススメ!


↓↓ 詳しくはコチラをクリック!! ↓↓

今すぐできる!! 国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル






2011年08月14日

国民健康保険料を納めなければ年金はもらえない?

国民健康保険の保険料を免除してもらったり、減額してもらったりするということは、老後に支給される年金に影響があるのではないか、と不安を感じている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、年金を全額もらえるというわけではありませんが、全額を免除してもらった場合でも、3分の1の年金を受け取ることができます。
なぜなら、国民年金の3分の1は国が負担しているためです。

したがって、国民健康保険の保険料を事情があって納付できないという方は、年金を気にせずに、まずは減免制度や減額制度を利用するようにしましょう。
国民健康保険の保険料を長期間滞納すると、さまざまなサービスが受けられなくなってしまうこともありますので、必ず毎月納付するように心掛けてください。

また、国民健康保険の保険料を安くする方法については、国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアルで詳しく説明していますので、活用してみると良いでしょう。
posted by 国民健康保険のプロ、社労士 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 国民健康保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

国民健康保険の給付金について

国民健康保険の保険料を支払っていれば、さまざまな給付金を受けることができます。

市区町村によって給付金の内容は異なっていますが、出産一時金として350万円程度、葬祭費として3万円から7万円程度、人間ドッグなどの助成金として2万円程度となっていますので、ご参考ください。
また、その他にも乳幼児医療費助成や、高額療養費の貸付を受けることができます。

ただし、国民健康保険の保険料を滞納している場合は、未納分の国民健康保険の保険料が給付金に当てられて相殺されますので、滞納せずに毎月きちんと納めるように心がけましょう。

ちなみに、国民健康保険の給付金を申請できるのは2年間と定められているため、ご利用の際はなるべく早めに申請するようにしてください。

国民健康保険の保険料や給付金などの活用方法については、国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアルで分かりやすく解説してありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。
posted by 国民健康保険のプロ、社労士 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国民健康保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。