▼ 国民健康保険に関する正しい知識・大幅削減のツボを身につけてください! ▼

国民健康保険料の大幅削減ならココがオススメ!


↓↓ 詳しくはコチラをクリック!! ↓↓

今すぐできる!! 国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル






2011年08月08日

公私の扶助を受けている場合の国民健康保険料について

国民健康保険の保険料を減額するためには、市区町村が提供している減免制度を利用する方法があります。
しかしながら、国民健康保険の保険料を支払っている方全員が減免制度を受けられるというわけではありません。

市区町村によって減免制度の適用条件は異なっていますが、適用条件のひとつとなっているのが公私の扶助を受けているということです。
公私の扶助とは、生活保護や就学援助などや、親族や第三者などからの扶助をいいます。

ほとんどの市区町村では、公的扶助を受けていれば国民健康保険料の減免制度が適用となりますが、私的扶助については国民健康保険料の減免制度の適用条件から外れてしまう場合もありますので、事前に確認しておきましょう。
また、市区町村によっては、国民健康保険の保険料の減免制度を廃止しているところもあるため、十分ご注意ください。

国民健康保険の保険料を安くする手段については、国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアルで詳しく説明していますので、ぜひご参考ください。
posted by 国民健康保険のプロ、社労士 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 国民健康保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

生活が困窮している方の国民健康保険について

国民健康保険の保険料を安くする手段として、減免制度の適用を受けるという方法があります。
ただし、だれでも減免制度を利用できるというわけではなく、適用されるためには条件を満たしていなければなりません。

その条件のひとつとしてあげられるのが、生活が困窮している、ということです。
具体的にいうと、失業や退職、病気や怪我、自然災害などで仕事が減り、収入が著しく激減した場合になります。

ただし、資産を持っている場合は減免制度を受けられない場合もありますので、ご注意ください。

また、国民健康保険の保険料の減免制度を受けるためには、給与証明書や医師の診断書、収入・無収入証明書、給与証明書などの書類が必要となるため、事前に市区町村役場に確認して、用意しておきましょう。

国民健康保険の保険料の減免制度などについては、国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアルで詳しく解説してありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。
posted by 国民健康保険のプロ、社労士 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国民健康保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。